ゼファルリン 喫煙はニコチン作用で血管が収縮し増大効果が低くなる

ゼファルリン 喫煙
ゼファルリン 喫煙

喫煙しながらゼファルリンを飲んでも効果がある?

ゼファルリンを飲んでみようと思っている人の中には、喫煙者はゼファルリンを飲んでも効果がないという口コミを見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。
これは、個人の勝手な感想ではなくゼファルリンに配合されている成分が体に与える効果、喫煙が体にもたらす影響を考えると間違いとは言えない口コミです。
もちろん、喫煙者がゼファルリンを飲んだからと言って効果がゼロになるというわけではありませんが、非喫煙者に比べるとゼファルリンが100%の効果を発揮できないことは十分に考えられます。
タバコは増大以外にも体に悪影響を与える「百害あって一利なし」と呼ばれるものですが、ニコチンの作用で血管が収縮してしまうとゼファルリンの血行促進効果も阻害されてしまいます。
せっかくゼファルリンで血流を増やしてもタバコがそれを止めてしまうのでは、効果が出なくても当然ですよね。
喫煙しながらゼファルリンを飲んでも効果がないと言われるのは、このためであることは間違いないでしょう。

ゼファルリンを飲むなら喫煙は止めるべき?

喫煙がゼファルリンの効果を消してしまうのであれば、喫煙は止めるべきというのが正論ですが、喫煙者にとっては禁煙が大きなストレスにもなるので、そうも言いきれないのが現実です。
ただ、喫煙本数が今まで通りであれば、やはりゼファルリンの効果も出にくいので喫煙本数を減らす努力は必要かもしれません。
禁煙によるストレスもゼファルリンの効果を阻害するので、ストレスを軽減しながら喫煙の影響を最小限に抑えれば、ゼファルリンの効果もしっかりと実感できるかもしれません。
全くタバコを吸わない人に比べれば、少し効果が出るまでに時間がかかるかもしれないということは忘れず、できるだけ喫煙本数を減らして、ゼファルリンを服用していれば時間はかかったとしても効果が出ないということはありません。
喫煙者だからとゼファルリンの服用を諦める必要はないということですね。

喫煙がゼファルリンの服用に与える影響とは

喫煙者にはゼファルリンの効果が出にくいことがわかりましたが、喫煙がゼファルリンの働きにどのような影響を与えるのかを知れば、喫煙を控えようという気になるかもしれません。
ニコチンには血管収縮作用がありますが、これはタバコを吸っている間だけでなく、吸い終わった後もしばらく続きます。
ということは、喫煙本数が多ければ多いほど血流が悪い時間が長く続くということにもなりますよね。
ゼファルリンの服用時間と喫煙時間が近ければ近いほど、血管収縮作用と血行促進効果という相反する作用が相殺しあうことにもなります。
喫煙の習慣をすぐになくすのは難しくても、本数を減らす、ゼファルリンの服用前後の数時間は喫煙しないなど、喫煙とゼファルリン服用がお互いに影響しあわないように努力をすることも大事です。
喫煙は増大だけでなく、体の他の部分にも悪影響を与えるものなので、ゼファルリンの服用スタートを良い機会として減煙も始めてみてはいかがですか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*