ゼファルリン 飲酒後、最低でも2時間あけてから服用してください

ゼファルリン 効果
ゼファルリン 飲酒

ゼファルリン 飲酒後、最低でも2時間あけてから服用してください

体重60kgでお酒に強い人がビール(アルコール度数5%)を350mlを飲んだ場合、体からアルコールがなくなるのにかかる時間は1時間42分です。
これは一般的な計算ですので、その時の体調や状況によって変わりますので、この計算での時間が過ぎたからお酒が完全に抜けたと過信しないようにしましょう。
アルコールの分解時間などが計算できるサイトがあります。

こちらのサイトです▼

引用元;サイト名:アルコール計算機~分解時間と血中濃度~

ゼファルリンと飲酒の相性は?

ゼファルリンには血管を拡張し、血流を増加する効果のある成分、精力増強には欠かせない成分として、亜鉛、ビタミンB群、アルギニンなどが配合されています。
しかし、これらの成分は体内でアルコールを分解する時に大量に消費されてしまうため、飲酒後にゼファルリンを飲むとせっかくの栄養素がアルコール分解という他の目的に使われてしまうことになり、増大効果が激減すると言われています。
アルコールにも血管拡張作用や血流増加作用があるので、ゼファルリンと飲酒は一見相乗効果が得られそうな気もしますが、血液や血管に対する作用以外の面では相乗効果どころか、成分同士が相殺しあってしまうということです。
もちろん、少しお酒を飲んだ時にゼファルリンを飲んだからといって、効果がゼロになるわけではないにしても増大のためにサプリを飲むのであれば、最大限の効果を引き出したいと思う人は多いでしょう。
ゼファルリンと飲酒の相性は良くないということを知っていれば、飲酒の仕方にも気をつけるようになるかもしれませんね。

飲酒後にゼファルリンを飲むときの注意点

男性は会社の飲み会や友だち同士の付き合いなどで、お酒の誘いを断り切れないことも多いのではないでしょうか。
元々、飲酒の習慣がない人であれば飲まなくてもそれほど周りに気を使わずにすむかもしれませんが、今までお酒を飲んでいた人だとゼファルリンを飲み始めたからとお酒を断るわけにもいきませんよね。
ゼファルリンと飲酒は決して相性の良いものではありませんが、アルコールの分解にゼファルリンの成分が使われないように気をつけるのであれば、飲酒後にゼファルリンを飲んでも問題はありません。
体内に入ったアルコールは、通常3時間程度で分解され、吸収、排泄されますが、その後にゼファルリンを飲めば有効成分をアルコールの分解に使われてしまう心配もありませんよね。
ただ、飲酒量や体質によってはそれ以上に時間がかかることもあるので、お酒を飲んでからゼファルリンを飲むまでの時間は可能な限り開けておいた方が無難です。
しかし、飲酒するのは大抵の場合夜なので、あまり余裕を持ってゼファルリンを飲むまでの時間を空けることができない人も多いかもしれません。
そういう場合は、いつもゼファルリンを飲んでいるのが夜だとしても朝まで待った方が良いでしょう。
ゼファルリンを飲む時間帯によって効果に多少の差は出ますが、アルコールの分解に有効成分が使われてしまうよりはマシでしょうね。

ゼファルリン服用中は飲酒しない方が効果的

飲酒についてはアルコール分解にゼファルリンの成分が使われてしまうからで、喫煙については血行や血流を阻害する作用があるからです。
喫煙や飲酒を続けながらゼファルリンを飲んでも効果が出ないわけではないものの、飲酒や喫煙の習慣がない人よりは効果が実感できるまでに時間がかかったり、増大率も小さくなるかもしれません。
完全にタバコもお酒も止めてしまうとなると、それがストレスになることも考えられますが、できるだけ量や回数を減らすという努力はした方が良いでしょうね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*