ゼファルリン 朝:カプセル剤2錠、夜:錠剤2錠を飲むのが正しい飲み方

ゼファルリン 効果
ゼファルリン 朝

ゼファルリンは朝にカプセル剤を2錠飲むのがお勧め

ゼファルリンがカプセル剤と錠剤に分かれているのは、配合されている成分に違いがあるからです。
カプセルにはL-シトルリンなどの血流を改善させる成分が配合されており、錠剤にはトリプトファンなどのリラックス効果の高い成分が配合されています。
普通は、カプセルと錠剤を朝や夜に1錠ずつ1回に飲むという人が多いかもしれませんが、L-シトルリンの血流増加効果を考えればカプセル2錠を朝、トリプトファンのリラックス効果を考えれば錠剤2錠を夜に飲むという方法がお勧めです。
もちろん、これ以外の飲み方もできますが、それぞれの成分の働きを最大限に引き出すには、最も適したタイミングで飲むことも重要でしょう。
実際に、ゼファルリンのサポートに飲み方を質問した人も、このような飲み方を勧められたそうです。
合わせて、飲酒や喫煙を控えるようにとアドバイスもされるそうなので、ゼファルリンを飲んでいる間は規則正しい生活をすることも大事ですね。

ゼファルリンを飲むのは朝・昼・夜のいつが一番効果的?

ゼファルリンはカプセルタイプと錠剤タイプの2種類に分かれていますが、これらを飲むタイミングとしては朝、昼、夜、または食前、食後のいつが一番良いタイミングなのでしょうか。
1日に1回、カプセルタイプと錠剤タイプをそれぞれ2錠ずつを飲むというのはわかっていても、飲むタイミングについてはっきりと明記されていないので悩むという人は多いかもしれません。
そもそも、ゼファルリンは医薬品ではなくサプリなのでこの時間に服用しなければいけないという明確な決まりはなく、食品としていつでも好きな時に飲めば良いものなので、注意書きなどにも時間帯の指定はされていないのでしょう。
食前に飲む、食後に飲むとでは、どちらが良いのかについては、食後は消化期間が活発に働いているので有効な成分が吸収されやすい、空腹時は胃の中に何もないので成分が吸収されやすいと真逆の意見があるようなので、自分の体に合っていると思う方を選ぶと良いかもしれません。
朝・昼・夜のどのタイミングかについては、男性ホルモンの分泌が盛んになる就寝前が効果的という意見が多いようですが、夜寝る前に全部で4粒を飲むのが嫌という人なら朝と夜に分けるという方法もアリでしょう。
ゼファルリンの吸収を良くして効果を高めるためには、朝飲むにしても夜飲むにしても飲み忘れないことが一番大事ですね。

ゼファルリンを飲むタイミング 朝と夜では違いがある?

ゼファルリンは男性ホルモンの分泌が盛んになる時間帯に体に吸収されるように飲むのが、最も効果的で、増大を実感できるまでの期間も短いと言われています。
男性ホルモンが盛んに分泌される時間帯は就寝中なので、夜にゼファルリンを飲むと良いと言われるのはこのせいですね。
ただ、ゼファルリンはアルコールとの相性が悪く、就寝前に飲酒をしていた場合はゼファルリンを飲むタイミングとして良いとは言えません。
アルコールを分解するためにゼファルリンの成分が使われてしまい、増大に働きかけることができなくなってしまうので、飲酒後は最低でも3時間ほど時間を置くのが理想的です。
しかし、男性ホルモンの分泌は目が覚めたらすぐに止まってしまうというわけではないので、飲酒後にすぐ寝てしまった場合は、朝にゼファルリンを飲むのも問題ありません。
男性ホルモンの分泌は就寝中にピークを迎えるものの、朝になってもまだ分泌は続いているからです。
ゼファルリンを飲むタイミングとしては、夜の就寝前がもっとも効果的ではあるものの、飲酒したあとに飲むくらいなら朝に飲んだ方が効果があるということですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*