ゼファルリン アルコール|ゼファルリンジャパン(製造事業者)からのお知らせ

ゼファルリン アルコール
ゼファルリン アルコール
このページでは、「ゼファルリンジャパン(製造事業者)からのお知らせ」として、ゼファルリン アルコールについて掲載しています。

1.ゼファルリンはアルコールには気を付けた方がいいでしょう

ゼファルリンは薬ではなくサプリメントです。
そのため、薬のように飲む時間が決まっているわけではありません。
ただ、ゼファルリンを飲む場合、アルコールには気を付けた方がいいでしょう。
水の代わりにアルコールでゼファルリンを飲んだり、アルコールを飲む前後にゼファルリンを飲んだりすると、血流が良くなり、成分が効き過ぎて、副作用が出てしまう場合もあります。
毎晩アルコールを飲むなら、ゼファルリンは朝かお昼に飲むよう習慣づけた方がいいでしょう。
また、アルコールの過剰摂取が習慣となっている人は、アルコールを分解するために体に負担がかかっているため、いくらゼファルリンを飲んでも、効果があまり現れないようです。
ゼファルリンの効果を実感したいなら、アルコールを控えるか、または晩酌程度の量で我慢するようにしましょう。

2.ゼファルリンとアルコールは一緒にとらないでください

ゼファルリンに限った話ではないが、サプリメントとアルコール類を一緒に摂取するのは大変危険です。
ゼファルリンは、サプリメントの性質上、かなり体に負担がかかり、もし、一緒に摂取すると、吐き気や腹痛、動悸などの副作用が起こり、ひどい場合、急性アルコール中毒になる可能性があります。
しかし、お酒の席がはずせない人や毎日お酒を飲まないとやってられない人は、どうするのか悩むこともあると思うので、こういった状態に陥った場合にどうすればいいのか、対処法を教えていきたいと思います。

3.ゼファルリンのための禁酒の対処法、でも我慢できなかったら・・・

まず、極論を言ってしまうとお酒を断つことです。
お酒を断つことが効果が一番でやすいということですが、そういうわけにいかない人はどうすればよいのでしょうか?
まず、できることといったら、ゼファルリンを飲むタイミングを、早くして、少なくとも、飲酒する6時間以上前に摂取するようにしましょう。
そして、飲酒の際は量を少なくし、体調管理に勤めるようにしましょう。
例えば、飲み会では缶ビール3本ぐらいまでにして、家だと缶ビール1本にするなど工夫して飲むようにしましょう。
ただ、これは時と場合により飲む量を変更して、柔軟に対応できたほうがいいです。
飲まざるを得ない場合もありますからね。
自分で調整できるものはするようにしましょう。

4.ゼファルリン 飲むタイミングは、始めと終わりが大切になってくる

次に、摂取のタイミングの話になるが、前の文に書いたように飲酒の6時間以上前に摂取したほうがいいのですが、そういわれても、タイミングが分からない人もいるはず。
ゼファルリンによる、正しい摂取のタイミングについての説明が書いてあったので紹介します。
ゼファルリンは、1ヶ月分(1箱分)の中に、カプセル60錠、錠剤60錠が入っていて、1日1回、両方のタイプを2錠飲むのですが、朝食後にカプセル2錠、寝る前に錠剤2錠を飲むと書いてあります。
また、飲酒・喫煙は避けるようにとも書いてあります。
避けるようにと書いてありますが、説明書きとして当たり前のこと。
当たり前のことといえば、説明の中に、製品の性質上、アルコールでのご飲用はお避けくださいと書いてあります。
飲用の際は必ず、水やぬるま湯で飲むようにしましょう。
次に飲酒後の摂取についてですが、二日酔いでお酒が体内に残っている時も、摂取のタイミングを遅らすようにしましょう。
もし、ゼファルリンを飲もうとしている人がいるのならば、アルコール類を摂取するのを我慢するということが大事になってきます。
ゼファルリンはすぐ利くものではないので、効果が出るまで飲み続けることが大事です。
もし、毎日飲む必要がある人はゼファルリンの飲むタイミングを工夫しないといけません。
ある程度覚悟をもって、生活したほうがよさそうです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*