ペニトリン ゼノシード増大効果を比較しているサイトです!

ペニトリン ゼノシード
ペニトリン ゼノシード
このページでは、「ペニトリン ゼノシード」についての情報を掲載しています。

ペニトリン ゼノシードの価格差は?

ペニトリンの価格

1本 定価10,980円が8,200円(税込)で2,780円の割引
2本 定価21,960円が16,000円(税込)で5,960円の割引
4本 定価43,920円が24,200円(税込)で19,720円の割引
※1本に60カプセル入りで1ケ月分
※送料は無料

ゼノシードの価格

1箱 定価19,800円が11,880円(税抜)で7,920円の割引
2箱 定価39,600円が22,900円(税抜)で16,700円の割引
3箱 定価59,400円が32,600円(税抜)で26,800円の割引
4箱 定価79,200円が42,000円(税抜)で37,200円の割引
5箱 定価99,000円が50,500円(税抜)で48,500円の割引
※1箱に30カプセル入りで1ケ月分
※送料は別途、全国一律700円・沖縄1,800円
※2箱以上買うと、もれなく+1箱プレゼントでもらえます

ペニトリン ゼノシード どちらが安いのか?

単純に、1ケ月分(1本及び1箱)の価格だけで比較すると、
ペニトリン
定価10,980円が8,200円(税込)で2,780円の割引
ゼノシード
定価19,800円が11,880円(税抜)で7,920円の割引
となりますので、ペニトリンのほうが4,630円(税込)安く買えます

ペニトリン ゼノシードの成分数・配合量の差は?

ペニトリン 成分数・配合量

1カプセルに入っている成分数・配合量は
L-アルギニン:260mg
LL-シトルリン:140mg
亜鉛:15mg
ポリフェノール:15mg
カルシウム:5mg
結晶セルロース:50mg
二酸化ケイ素:4mg
ゼラチンカプセル:96mg
その他
と、計8成分、585mgになります。
1日に2回、1カプセルずつを飲みますので、1,170mg/日 = 585mg/カプセル X 2回/日を摂取することになります。

ゼノシード 成分数・配合量

1カプセルに入っている成分数・配合量は
L-シトルリン
L-アルギニン
トンカットアリ
アカガウクルア
ムクナ
マカ
ビール酵母(亜鉛)
ガラナ
スッポン
と、計9成分、350mgになります。
※1カプセル350mgに入っている各成分の配合量は非公表となっています
1日に1回、1カプセルを飲みますので、350mg/日 = 350mg/カプセル X 1回/日を摂取することになります。

ペニトリン ゼノシード どちらが成分数・配合量は多いのか?

単純に、1カプセルに入っている成分数・配合量だけで比較すると、
ペニトリン:計8成分、585mg
ゼノシード:計9成分、350mg
となりますので、成分数はペニトリンのほうが1成分少ないですが、配合量はペニトリンのほうが235mg多いです。
1日に摂取する量で比較すると、
ペニトリン
1日に2回、1カプセルずつを飲みますので、1,170mg/日 = 585mg/カプセル X 2回/日を摂取
ゼノシード
1日に1回、1カプセルを飲みますので、350mg/日 = 350mg/カプセル X 1回/日を摂取
となりますので、1日に摂取する量はペニトリンのほうが820mg多いです。

ペニトリン ゼノシード どちらが増大効果が高いのか?

ペニトリンのほうが絶対に・・・

増大効果が高いです!!!

ペニトリン 増大効果が高い理由は?

1日に摂取する量で比較すると、
ペニトリン:1,170mg/日
ゼノシード:350mg/日
となりますので、
ペニトリンのほうが820mg多いため増大効果が高くなります
もし、ペニトリン:1,170mg/日と同じ量をゼノシードで摂取しようと考えた場合、
1日に3回、1カプセルずつを飲んだとしても、1,050mg/日 = 350mg/カプセル X 3回/日、
1日に4回、1カプセルずつを飲めば、1,400mg/日 = 350mg/カプセル X 4回/日、
となります。
しかし、 単純に、1ケ月分(1本及び1箱)の価格だけで比較しても、
ペニトリン
定価10,980円が8,200円(税込)で2,780円の割引
ゼノシード
定価19,800円が11,880円(税抜)で7,920円の割引
と、ペニトリンのほうが4,630円(税込)安いので、さらにゼノシードのほうが割高になってしまいます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*