ゼファルリン 含有量(一財)日本食品分析センターの試験結果です

ゼファルリン 含有量(一財)日本食品分析センターの試験結果です
ゼファルリン 含有量
このページでは、「ゼファルリン 含有量」についての情報を掲載しています。

ゼファルリン 含有量(一財)日本食品分析センターの試験結果です

ただいま、一般財団法人日本食品分析センターに、ゼファルリンの含有量を調べるため分析試験の依頼をしております。
分析試験の結果が分かり次第、ここに掲載させていただきます。

ゼファルリンの含有量

ゼファルリンは30日分で1箱ですが、その内容量はタブレット300mgが60錠、カプセル324mgが60粒入っています。
したがって、1日あたりタブレットを2錠とカプセルを2粒ずつ飲むことになります。
ここからわかることは、1日でゼファルリンを1248mg飲むということです。
たったこれだけの量の錠剤とカプセルを飲むだけで、増大するということはカロリーの面でも助かるのではないでしょうか。
ゼファルリンと同じ効果を食事からとることは不可能ですが、仮に、精力増強や滋養強壮のために、食事からゼファルリンのもたらす効果の分だけとろうと思った場合には、大量の食物を取らないといけないわけですから、摂取カロリーも膨大なものになってしまいます。
しかし、ゼファルリンであれば、これだけの少ないカロリーによって滋養強壮や精力増強に加えて、増大までできるので、その効率性はとても大きいといえるのではないでしょうか。

ゼファルリン 含有量から考えること

ゼファルリンはサプリメントなので、とても少ない量で増大していくことができます。
しかし、それが故に気をつけるべきこともあります。
まず、内容量からゼファルリンを1日に取るべき量とういうことは決まっています。
ゼファルリンは、錠剤とカプセルを2粒ずつ飲むのが基本的な摂取量ですので、この摂取量は守らなければなりません。
いくら飲んでもカロリー的にはまったく太ることもありませんし、通常の摂取量よりも多い量を飲むことで、増大効果を早く大きく達成したいと考えてしまう方もいるかもしれません。
たしかに、小さな錠剤とカプセルなので、多い量を飲むことで増大効果を早く大きく達成したいと考えがちかもしれませんが、ゼファルリンを構成する成分は、増大に最適な量を研究した上で開発されているので、多い量を飲んでも逆効果なのです。
過剰に成分を摂取しても、効果が大きくなるとは限らないのです。
したがって、ゼファルリンは、1日分の摂取量を守って使用することが必要です。

基本ルールを守る

ゼファルリンの1日分の摂取量を忠実に従うことが、ゼファルリンで最も増大効果を高めることになります。
誰もが考えがちな、たくさんサプリメントを飲んで成分を摂取することが効果を大きくする方法だという間違った認識を正して急がばまわれの精神でゆったりと余裕を持って増大していきたいものです。

ゼファルリンの主要成分はシトルリンです

このシトルリンは、増大サプリには必ず入っている成分といってもいいほど、多くの増大サプリに含まれています。
医薬品としても扱われる成分なので、安全面で何の心配もない成分です。
ゼファルリンに含まれているこのシトルリンの量は、企業秘密という事で明かされていないようですが、ただ十分に効果を感じられる量である事は間違いないようです。
ゼファルリンには他にも様々な成分が配合されていて、シトルリンと相性の良い他の成分との相乗効果も期待されます。
ゼファルリンは、1種類の有効成分の量にこだわるというよりも、効果が出やすいように、それぞれの成分の配合量にこだわっているのでしょう。
シトルリンの効果を引き出すために、適した量を配合し、それによって効率的にペ〇スを大きくする・・・
それがゼファルリンの効果となり口コミで人気を呼んでいるんでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*